天王町レディースクリニック│横浜市・相鉄線「天王町」駅徒歩2分│骨盤臓器脱

ご予約・お問い合わせtel: 045-442-6137

ネット予約はこちら

骨盤臓器脱

骨盤臓器脱

骨盤臓器脱

骨盤臓器脱女性の骨盤内臓器(子宮、膀胱、直腸など)は、多くの筋肉・靭帯・膜で支えられています。
これらが出産時に傷ついたり、女性ホルモンの減少につれて弱くなったりしてくると、子宮や膀胱、直腸が正常位置を外れて、下に垂れ下がってきます。
この状態をそれぞれ膀胱脱、子宮脱、直腸脱と呼び、これらを総称して骨盤臓器脱と言います。

骨盤臓器脱の症状

骨盤臓器脱は、過去に多産・難産をした経験のある中高年の女性によく見受けられます。
臓器脱で悩んでいる方は非常に多く、全国で数百万人はいると考えられています。
しかし、この病気はまだ広く認知されておらず、また羞恥心も手伝って、我慢している女性も少なくないのが現状です。
骨盤臓器脱の主な症状としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 腟から丸いものが脱出する
  • ピンポン玉のようなものが触れる
  • 股の間に何かがはさまっている感じがする
  • 下腹部が引っ張られる感じ・下がってくる感じがする

長時間歩行や運動後に悪化しやすくなる

骨盤臓器脱は、軽症の場合には腹圧がかかった時に一時的に脱出する程度ですが、重症化すると、常時脱出した状態になります。
特にこの症状は、長時間の歩行・運動の後に悪化しやすくなります。
また、朝方には何ともないのに、夕方になると症状が気になってくる方が多いようです。
こうした症状にお悩みの場合は、恥ずかしがらずにご相談ください。

骨盤臓器脱の検査について

検査に関しては、問診、視診、尿検査、台上診などを行います。
これらを通じて、脱出部位とその程度、腟粘膜の状態、血尿や炎症の有無などを調べ、診断をつけます。
受診前には、現病歴(いつ頃から、どんな症状が現れているのか)や既往歴(今までに罹った主な病気)、妊娠・出産歴、服用中の薬などについて、あらかじめ簡単にまとめておいていただけると、スムーズに診察が進みます。

骨盤臓器脱の治療

骨盤臓器脱の治療には、保存的治療と手術による治療があります。

保存的治療(軽度〜中程度が対象)

骨盤底の運動を継続的に行う方法(骨盤底筋体操)やリングペッサリーの挿入(リング状のペッサリーを腟内に挿入し、子宮を上に挙げて固定し、骨盤臓器が落ちてこないようにする方法)があります。
リングペッサリーの挿入法でうまくいかない場合は、手術療法となります。

手術療法

子宮摘出や腟壁を縫い縮める術式、メッシュ状のシートを骨盤の底に入れ、臓器の脱出をハンモックのように支えて防ぐ手術(TVM手術)、腹腔鏡を使用した手術(LSC)が主流になっています。

PAGE TOP